荒屋敷智也のブログ

「ボリンジャーバンドの収束率」株式投資の備忘録

f:id:zenryokusyounen:20210516142145p:plain

ボリンジャーバンドとは?

 移動平均標準偏差を組み合わせたもので、トレンドの強さ・収束率をもとに株価の動きを見るための指標です。

使い道

順張り

株価がσ(シグマ)のラインを超えるような強いトレンドが発生した際に、トレンドに沿った行動をする、順張り投資の指標として使うことができます。「バンドウォーク」のようにσ(シグマ)のラインに沿った強いトレンドが継続する可能性があります。

バンドウォークの収束率があるので、弱いトレンドの場合には注意が必要です。

逆張り

ボリンジャーバンドの収束率を使った逆張り投資です。たとえば、±3σを超えるような強いトレンドの銘柄があった場合、いずれ、株価が収束することを予想してトレンドと逆の行動をする。逆張り投資の指標として使うことができます。「バンドウォーク」のようにσ(シグマ)のラインに沿った強いトレンドが継続する可能性があるので、強いトレンドの場合には注意が必要です。

f:id:zenryokusyounen:20210516123411p:plain

株式投資の備忘録」一覧